Enjoy Shopping Online

何がいい?電子タバコのメリットとデメリットを知ろう!

黄色く変色しないのが魅力的なポイント

煙草に含まれているタールには歯や壁が黄色く変色してしまう効果があります。場合によっては、お気に入りの服が黄ばんでしまうことも考えられます。電子タバコの場合はタールが含まれていないので、歯や壁、衣服などが黄色く変色してしまう心配がありません。日本で製造販売されている電子タバコであればニコチンやタールが含まれていないので、副流煙による受動喫煙のリスクもないでしょう。ニコチンが入っていないのでニコチン中毒を防げるだけでなく、禁煙対策として電子タバコが活用できるというメリットもあります。タールが入っていないので煙草特有の嫌なニオイがなく、電子タバコのフレーバーによっては人に好まれるニオイを出せるのも魅力的なポイントです。

選んだ商品によっては煙草を買い続けるよりも安く済むケースも考えられます。そのため節約対策として電子タバコを購入してみるのも1つの方法だと言えます。気分によってフレーバーを変えて電子タバコを楽しめるのも魅力的なポイントでしょう。

充電やメンテナンスが必要なものが多い

電子タバコのデメリットは充電やメンテナンスが必要な商品が多いことです。商品によっては使い捨てタイプのものもありますが、充電やメンテナンスが必要なものに比べると出費が大きくなるというデメリットがあります。充電やメンテナンスが必要なタイプの商品は、充電切れや故障によって吸いたいときに電子タバコを使えない可能性があるのがデメリットでしょう。頻繁に電子タバコを使う人は電子タバコの所有本数を増やしておくのが有効な手段だと言えます。

pod型vapeは、吸い口であるドリップチップと加熱用のコイル、そして香りの元となるリキッドが一体化しているのが特徴です。